スポンサーリンク

5つの競争要因に対処せよ!【ポーターの5フォース理論】

5フォース分析

みなさん、こんにちは!中小企業診断士のそうむうです。

今回はポーターの5フォース理論の紹介です。
企業の外部環境を5つの要因に分けて分析する5フォース分析。

外部環境を正確に把握することで企業の置かれている競争状態を正しく認識することができます。

どのような視点があるのか、さっそく見てみましょう!

競争環境を決定する5つの要因

M.E.ポーターによると、ある事業分野における競争状態は5つの要因で決まります。

図にすると以下の通りです。

5フォース

①既存の競合との敵対関係
同程度の規模の競合が多い、市場の成長が遅い、業界から撤退しづらい、製品の差別化が難しい等により競争状態が激しくなります。

②新規参入の競合の脅威
業界の参入障壁が低いと、新規参入が多くなり競争状態が激しくなります。

③代替品の脅威
自社の製品と同じ機能を持つ製品が開発され、従来品が不要になる等により競争状態が激しくなります。

④売り手(供給業者)の交渉力
供給業者が特殊な特許を持ち、他では調達不能な部品を作っている等の状況があると、売り手の交渉力が増すこととなり、自社にとっての脅威となります。

⑤買い手(顧客)の交渉力
顧客が非常に大きな販売網を持ち販売力に優れ、その顧客に買ってもらうことが非常に重要である等の状況があると、買い手の交渉力が増すこととなり、自社にとっての脅威となります。

自社の収益性を向上するために

これらの5つの競争要因は、自社の収益性に非常に大きな影響を与えます。

安定していた老舗企業が、海外の安い代替品や新興企業の新サービスにシェアを奪われて傾いてしまうというのは珍しい話ではありません。

また、供給業者との部品の価格交渉で劣勢となり赤字経営を余儀なくされたり、大きな問屋に商品を安く買いたたかれて作っても作っても儲からない、なんて話もよく聞きますね。

ポーターはこれら5つの要因に働きかけることで産業構造を変え、自社の収益性を向上させられると言っています。

次回以降、競争回避や競争優位の作り方等、実際の対処方法を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました